SSブログ

碇(いかり)高原牧場に行く [日記]

IMG-c_1014.JPG

 昨日は(6月8日月曜)動物に会いに、丹後半島の「碇高原牧場」に行った。宝塚から中国道、舞鶴道、京都縦貫道路を経て宮津で降りて、312号線から482号線経由でほぼ3時間だった。

 着くとすぐにこの山羊たちが出迎えてくれた。

 昼食は「碇高原ステーキハウス」でステーキを食べる。碇高原は標高400メートルで、思った以上の広い高原だった。

IMG_-c1019.JPG

 奥のポスターが舞妓さんで、京都牛と書いてある?

IMG-c1248.JPG

IMG-c_1030.JPG

 この山羊は気ままにあちこちの草を食べていた。

IMG-c_1046.JPG

 ミニチュアホースが2頭いた

IMG-c_1050.JPG

 うさぎはすぐに穴に逃げ込んでしまう

IMG-c_1053.JPG

 羊たちはのんびり草をついばむ

IMG-c_1060.JPG

 牧場が見渡せる

IMG-c_1066.JPG

 山羊の親子、餌箱に入っている?

IMG-c_1068.JPG

 羊も居眠り

IMG-c_1072.JPG

 羊はおじいさんのようなやさしい目をしている

IMG-c_1077.JPG

 羊はおだやかだ・・

IMG-c_1082.JPG

 何ともいえない愛くるしい表情、弟子の誰かに?似ている

IMG-c_1099.JPG

 動物は特に親子で行動することが多い。お人形さんのようだ・・

IMG-c_1251.JPG

 手前がふれあい牧場

IMG_-c1255.JPG

 向こうに広がっているのは牧草地らしい。放牧地は右手の方にある。

IMG-c_1192.JPG

 遊牧?の牛たちが7、8頭いた。初めは私たちを警戒して小走りに逃げて行ったが、その内に慣れてくると擦り寄ってきた。牛は友好的な動物だ。

 IMG-c_1208.JPG

 ルンルンの世界である。特に横の1頭はベタベタだった。

IMG-c_1219.JPG

 セルフタイマーで記念撮影。牛たちにカメラを見るように話す?

IMG_-c1224.JPG

 名残惜しいが立ち去ろうとすると、牛たちがいつまでも私たちを見送ってくれた。いつまでも見送るので驚いた・・

 

IMG-c_1236.JPG

 羊のカップル?人にも慣れているようだ。ここからの眺めも素晴らしい。

IMG-c_1263.JPG

 コブハクチョウがいた。

IMG-c_1287.JPG

 今度は建物の中の牛に会いに行く。

IMG_-c1292.JPG

 これは角を切る作業らしい。大きくなる前に切っておくのだそうだ。

 

IMG_-c1299.JPG

 牛舎

IMG-c_1310.JPG

 山羊たちが寄ってきた

IMG-c_1337.JPG

IMG-c_1333.JPG

 今度は別の棟で、乳牛舎

IMG-c_1351.JPG

 入り口にいたジャージー牛だが、カウベルをつけていたので賑やかだった。

IMG-c_1357.JPG

 牛舎が見える

IMG-c_1361.JPG

 牧場ホールにて。ここでは食肉牛の説明がされていた。碇高原の牛は京都牛なのだ。

 碇高原ステーキハウスでお茶を飲んでから、帰ることにする。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0