SSブログ

園田競馬、野間五段 [競馬]

IMG-c_8779.JPG

  昨日は(4月27日火曜)園田競馬に行った。出かけるときは金太郎にくるみなどを与えるが、初めは単なるおもちゃだったのだが、今はこうやって数秒で巧みに割って食べる。力ずくでなくて、筋を口ばしでつついてテクニックで割るのが凄い。いつとはなしに覚えたのだ。

IMG-c_8782.JPG

 昨日は野間五段も一緒だった。園田競馬場で待ち合わせる。競馬場は空港に近くて、ときおり大きな姿の飛行機の離着陸が見られる。伊丹空港はどう考えても便利でなじみ深い。

IMG-c_8789.JPG

 2Rのパドック

 今日は1Rから間に合ったが、スタミナが問題だ。パドックを観て馬券を買いに走り、また部屋に戻り検討をする。そしてレースを見て、終わればすぐにパドックに走る。遊びなのだが、やっていることは雑用をこなしている感じだ。私にとっては普段のストレスが減っていく・・しかし負け続けると別のストレスが出てくる?

 競馬場に来ると、状態が元気さのバロメーターになるが、今日は途中でバテてしまった。

IMG-c_8790.JPG

 パドックを見るのが好きだ。馬を見ながら、次に出走するレースの予想をするのだが、これは詰め将棋への取り組みにも似ているものがある。解けない問題なのだが、手掛かりを得ようとする・・園田競馬では迷ったとき普通のおっちゃんの話を聞いていると、けっこう当たっている。キャリアの長い人が多いのだ。

IMG-c_8791.JPG

 今年に入って重馬場のときが多い。今日もやや重だったが、途中から重馬場に変わった。こういうときは馬の状態も心配で、馬にとってもできれば晴天で走るのがいいようである。騎手もレースが終わると体中ドロドロになるらしい。

IMG-c_8792.JPG

 引き馬の人の顔も少し覚えてきた。自分の引いている馬の人気や、今日は走りそうとか・・掲示板も気になるだろうなあ。

IMG-c_8793.JPG

 堂々とした馬、落ち着きのない馬、走る気の無さそうな馬、虎視眈々と備えている馬、走りたくてウズウズしている馬、走る前にエネルギーを消耗している馬、さまざまである。目が肥えてくるとそれがひと目でわかるようだ。

IMG-c_8794.JPG

 横着して内を回るよりも、外に大きく回るほうが意欲的らしい。キョロキョロしているよりも、つる首でじわりと回るほうが走りそうだ。馬の体の張りも違う。そう思って見ているのだが、どうもよくわからない。私は大アマで、可愛いなあと思う馬に注目する。

IMG-c_8796.JPG

 真っ先にパドックを出た。これは走りそうにない・・と思ったら二着だった。ハクシンセイコー(松浦聡騎手)

IMG_-c8810.JPG

 一着8番シャイロアマナ(田中学騎手)二着5番ハクシンセイコー(松浦聡騎手)三着7番イッキトウセン(木村健騎手)で3連単63990円だった。

 私は1番4番7番8番の3連複ボックスを買っていた。パドックで5番を観て外したのがミスだった。

IMG-c_8832.JPG

3Rは取ったのだが、配当は安かった。

4Rは野間五段も私も3連単を取ったが、2530円だった。まあ当たったのだからよしとしよう。

 これ以降はみんな外れで、競馬の厳しさを味わうことになった。野間五段のデビュー戦はトータルで負けだったようだが、次回は雪辱戦だ?

 惜しいようで外れていることが多かった。期待をもたせつつ敗れ去る、これは勝負事でよく味わうパターンなのだ。私は途中で分析するスタミナがなかったので、雑になってしまった。

 帰宅して、夕食も一緒に反省会をする?金太郎は野間五段がいるので、内弁慶な状態で「キンチャン・・」と小さな声でつぶやく。

 以前に旅行した中国の旅の話で盛りあがった。野間五段と息子と4人の旅行が多かったのだ。桂林から昆明までの36時間の汽車の旅を思い出しながら、またいつか行きたいと話をする。

 金太郎やチビがいて、トビオもクロも年を取ってきて、なかなか家を空けられなくなっている。今は1泊旅行もままならないが、日々気持ちを新たに持つのは旅をするのと同じなのである。そう納得させている。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。