SSブログ

京都に行く、奨励会 11,25 [日記]

IMG_c0613.jpg

 大好きな殻つきピーナツを盗ろうとしている?出かけるときに近くだと1個、遠出のときは3個くらいかなあ。

IMG_c0614.jpg

 知らんふりして悪巧みするのが得意だ?

IMG_c0616.jpg

 止まり木を噛んでちぎる。そのうちに止まれなくなる‥

IMG_c0617.jpg

 訴えるような表情?歌をねだるときが多い。金太郎は歌うのも、歌を聞くのも大好きだ。

IMG_c0618.jpg

 昨日は(11月25日日曜日)午前中、伊丹日曜子どもコースだった。寒いせいかギリギリに来る子が多いようだ‥最近は全体にやや手ごたえが弱いかもしれない。集中力が物足りない‥私の方もあれこれやることが多くて、子ども教室に集中できていないかもしれない。気持ちを切り替えたいが・・

IMG_c0627.jpg

 行き帰りの道は紅葉が真っ盛りできれいだった。季節は晩秋かなあ‥早いものだ。

 午後から特別特訓してから、15時に家を出て妻と一緒に京都に向かう。

  夕方から、一か月前に亡くなられた写真家の西川孟先生の「一か月記念の祈り」に招いてもらっていた。場所は京都の丸田町の室町教会だった。

 この秋は何度か京都に来たが、偶然と思えない‥回数の多さだった。この教会のすぐ前が、私の師匠の南口先生の家があったところである。偶然ではご縁のようなものを感じる。

 西川孟先生は私が世の中で一番尊敬している先生である。写真家として鬼のように?厳しい先生だが、私は何故かとってもやさしく接してもらった。つらいときは西川先生のお宅に行って、話を聞いてもらうと勇気がわいてくる‥

 撮影にも何度もあちこち連れていてもらった。姫路城、角屋、天理、伊勢神宮、竜安寺、その都度いろんなお話を伺ったのが、私にとっては大きな人生の財産である。

 「森さん、お金のために仕事をしてはいけません」「森さん、写真を撮る前にいっぱい勉強することがありますよ」「森さん、勝負は結果が出るからいいねえ。写真はね、勝ち負けがないからどれだけ学んでも学んでも未熟さを痛感するのですよ」「あなたはね人間の無常観をわかっているから、勝負の世界では無理だ、早く将棋をやめて写真をやりなさい」一言ひとことズシリと響いてくる。

 でも西川先生に見透かされながらも、現実の横着な生き方を全うするのもいいや・・そういうことを正直に話すと「ワッハハ、母さん聞いた、森さんは正直やなあ」と慰めてくれる?

 食事会にも誘ってもらった。身内の方や神父さん、お弟子さんが参列されていたので、いろんなお話を聞かせてもらった。新入りの弟子がくると「今度は何日持つだろう」とそのたびに思ったそうだ。徹底的に叱られるのである。妥協をしない先生なのだ。

 怖い先生と同時に、人間の底から慈愛に満ちた先生だったことを思う‥

IMG_c0629.jpg

 室町教会は、偶然にこの秋にも歩いて通ったのだ‥

 

IMG_c0630.jpg

 師匠の家があったあたりである。いつも意を決して(奨励会退会を背負っていたので)門をくぐったことを思い出す。

 帰りは同席の方と一緒の電車で、京都から普通に乗ってのんびり帰った。そのときもいろんなお話を聞かせてもらってよかった。西川先生には今までもこれからも感謝の気持ちでいっぱいである‥

 自分もしっかり生きて行かないといけない‥いっぱいのさみしさと不安を抱えながらも全うしていこうと思った。

 帰宅して奨励会の結果報告の留守番電話を順番に聞きながら、弟子にはもっとしっかりしてくれよ!と思った。みんな自分への厳しさが足りない‥そこが師匠譲りでは困るのだ‥


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。