SSブログ

伊丹コース、特訓、阪神競馬 [日記]

IMG_c6705.jpg

 昨日の午前中は(4月1日日曜)伊丹日曜コースだった。春休みと卒業?のせいもあって少なかったが、放っておくとにぎやかなのは変わりない?みんな全体にいい線を行くようになってきているが、やはり終盤の寄せが課題のようである。

 将棋はその局面でフィットした手を指せるようになるかどうかだが、局面によってポイント差が違っていて、いわばミスの大きさが左右する。上達の度合いは大きなミスをしないようになるかどうかが分かれ目だろう。

 こうやって気が付いたことをメモしていると、積み重なってきて何らかの色合いが見えてくる面もある。私は悲観的というよりも楽観という言葉に縁が薄い。心配性なのである。そして悪い予感ほど当たるので、直感や第六感が役に立たないのである。

 イメージトレーニングで明らかにまずい。でも日々の些細な積み重ねの効能もわかっているので、それを補っている。←こういう文章を書くからわけがわからないのだろうなあ‥

IMG_c6711.jpg

 午後からは受験者特訓の日だったが、山口3級に指導を任す。しばらくあわただしい日々が続いたので、休みことにした。

 昨日届いたばかりの自転車で出かけることにした。行き先は阪神競馬場で、ばてると引き返す方針だった。いつも車ばかりなので自転車は走っていて狭いと感じた。ただ以前よりも舗装が充実していて車がいない道は走りやすいなあと思った。

 平坦な道が多くて、それでも何とか阪神競馬場に着いたので、入ることにした。すでに8レースだったが、適当に買う?馬の姿を見るとウキウキしてきた。

IMG_c6712.jpg

 いよいよ来週は桜花賞である。私は教室があって来れないのだが、楽しみだ。

IMG_c6713.jpg

 比較的観客は少なくて椅子に座れた。生の疾走とスクリーンとでわかりやすい。

IMG_c6739.jpg

 カワキタフウジンの武幸四郎騎手。強そうな馬の名前だが11番人気で3着に食い込んだ。

IMG_c6737.jpg

 9Rの9番メイショウジンムのアンカツさんである。この人はどこかかっこいい。最近はあまり調子がよくないようだが、存在感は抜群だ。

IMG_c6755.jpg

 10Rの8番芦毛の馬が目に付いたので買う。シゲルスダチ(後藤浩輝騎手)というらしいが、8番人気で1着になった!

IMG_c6756.jpg

 9番バクシンクリチャンの池添謙一騎手、オルフェーブルでは不評?の騎乗だが、不遜な雰囲気のせいもあるかな?

IMG_c6761.jpg

 11番ヴェアディロスの佐藤哲三騎手、へんこつな?独特の雰囲気がある。騎手もそれぞれに特徴があってユニークだ。ヤワな精神ではやっていけない。

IMG_c6771.jpg

 誘導馬にアドマイヤモナークがいる。

IMG_c6866.jpg

パドックの群衆?人気のバロメーターのようだ。

IMG_c6897.jpg

 2番レオアクティブの横山典雄騎手、4番ビウイッチアスの岩田康成騎手、8番は芦毛のシゲルスダチ、6番はトウケイヘイローのピンナ騎手、14番はアンチュラスの川田将雅騎手である。

 8⇒2⇒6と入って3連複8630円の配当だった。

IMG_c6898.jpg

 メインの産経大阪杯GⅡのレースは11番ショウナンマイティ(浜中騎手)が勝った。2着は6番フェデリスト(横山騎手)3着に2番トーセンジョーダン(岩田騎手)が入った。

 ショウナンマイティは抑えていたが、ネットでの前売りはオッズで買うので配当が低い3連複で避けてしまった。阪神競馬場に来てパドックを見て別のを(2番、5番、7番、10番)買ったが、外れた。

IMG_c6902.jpg

 ゴール前の直線で11番ショウナンマイティーが襲い掛かる?寸前のシーンだ。

 11Rが終わってから自転車で戻る。

 受験者特訓を終えてから、山口3級を連れて外食する。私のお気に入りの饂飩屋さんである。きつねうどん(おいしい)とかやくごはん、出し巻き(絶品だ)と焼き鳥を注文した。この店に来ると幸せな気分になる‥

 夜は仕事に取り掛かった。最近はめまぐるしい日々だが、いろんなものが混ざり合って整理する暇がない。抜け落ちも多いのだが、ある程度不義理のひんしゅくは覚悟して生きていく年齢なのである。(そのうち世の中からひんしゅくを買うぞ)自分でそういうことを納得する・・噛みしめる‥あきらめる‥揺るがない‥倒れていく・・構図である。

 

 

 

 

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。