So-net無料ブログ作成

土日の日記 7月21日、22日 [日記]

 ☆土曜日の日記 7月21日

土曜コース,土曜教室

IMG_c3112.jpg

 土曜日の午前中は「子ども土曜コース」だった。10時開始だが10分までは詰将棋のプリントをするようにしている。集中したりよそ見したり、さまざまである?

IMG_c3114.jpg

 夏休みに入ったばかりなので、まだ出席は多かった。暑いと崩れがちなので目を光らせる?

IMG_c3115.jpg

 きれいに攻めの駒組みを組んだ。ここから4六角、同玉、4五飛以下下手勝ち。序盤は攻める形を作るのが急所だ。我流で飛角を動かすだけだと勝てない。

IMG_c3116.jpg

終盤の決め手がある。5六竜、同金、7四金まで下手勝ち。下手が勝つパターンを考えるクセがついて、ときどきまずいこともある。「相手の好手を出さす」のが指導の急所だが、わざと緩めることとは違う。その上を行くテクニックかもしれない?私の場合は上達させるのが仕事である・・

 

 午後からは「土曜教室」だった。こちらは相手に胸を貸すのが指導である。しかし貸しすぎると平手でもこっぴどく負かされることもある。でもきちんと戦うのが指導であると思う。

  最近は大人が少なくて、それが悩みの種だが、その場の最善手を指すのは、将棋と同じである。けっこうみんな手ごたえが出てきているのがうれしい。しかしポーランドから帰ってきてつくづく思うのは、「ゆったりときちんと将棋を指すのがよい」ことだ。

IMG_c3123.jpg

 金太郎を出して遊ぶ。遊ばれる?金太郎専用のシャツに着替える。忘れると穴をあけられるのだ。

IMG_c3121.jpg

 相変わらず眼鏡を外される。最近はこの桟の中に隠される‥

☆日曜日の日記 7月22日

受験者特訓 

IMG_c3124.jpg

午前中は「伊丹コース」の予定だったが、関西子ども将棋大会があるので変更した。意外な空き時間ができて、清荒神にお参りに行く。バテ気味なので横着して上まで車で行く。

午後から特訓だが、関西子どもに参加した受験者が多かったので2名のみの出席だった。じっくり指すつもりで‥これから受験者の夏バージョンの始まりである?

IMG_c3129.jpg

何でも噛み太郎。大切な書類だと困るので要注意なのだ。

IMG_c3130.jpg

 暑さ真っ盛りだが、参拝客は割と多かった。車だと楽である‥

IMG_c3132.jpg

 お寺を見ると日本だなあと思う‥やはり気が落ち着くのだ‥

IMG_c3136.jpg

 これは棒で引き寄せてお金を取り、持って帰る。これだけなら泥棒だが?次回は多く返すのだ。

 私の亡くなった兄は100円玉を拾ったら警察に持っていくのだが、あるとき警察の人が「これはいいから・・」と言うと「警察官がそんなことを言っていいのか!」と血相を変えて怒ったそうだ。警察官の人も苦笑いである‥そして一年後に受け取りに行ったそうだ。

 兄がたまにパチンコ屋に行って、負けているとき、近所の人が「玉を上げるよ」というと「失礼なことをするな」と言って怒ったそうだ。兄は集団就職で大阪に出てから、なじまずに、それ以降ずっと病気を抱えた一生だったが、その分、私に運を回してくれたのだとひそかに思っている・・その分自分はへばれない‥そうも思う‥私の将棋の成績や弟子の成績はいつも気にしていた。

IMG_c3137.jpg

 清荒神らしい風景

IMG_c3138.jpg

一願地蔵、ひとつだけ願をかける‥

IMG_c3142.jpg

  夏のお寺参りもいいものだ。

IMG_c3143.jpg

IMG_c3149.jpg

 眼鏡外しに磨きがかかった?

IMG_c3151.jpg

 夜はケーブルテレビで、獺ヶ口君が優勝した三月のライオンのJCOM杯子ども将棋大会の番組を見る。結果をしらないとヒヤヒヤしただろうなあ‥冷静に戦ったのがよかった。私よりも冷静だ‥


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog