SSブログ

澤田六段来訪、伊丹火曜ナイター 12,9 [日記]

澤田六段来訪、伊丹火曜ナイター 12,9

IMG_c5616.jpg

 金太郎の定位置はここ

IMG_c5619.jpg

 眼鏡を噛むのも日課

IMG_c5623.jpg

 知らぬ間に「桂」を噛んで持ってきた。取り上げると怒るが「噛んだらダメ!」というと私の手は噛まない。

IMG_c5625.jpg

 澤田真吾六段来訪、この日は遅くなったが「六段昇段のお祝い」でもあった。

IMG_c5628.jpg

澤田六段は渋いファンが多いように思う。派手さはないが、静かに燃えるタイプである?負けず嫌いでいうと弟子の中でも筆頭の気もする。でもそういうものをむき出しにしないで、淡々とこなして進んでいくのが澤田流である。

IMG_c5635.jpg

店の人に撮ってもらった。勝っても負けてもどっちなのかわかりにくいので、ついつい探りたくなる?昨日の対局は負けたようだ‥

IMG_c5638.jpg

澤田六段には 青空が似合う。

IMG_c5640.jpg

 スラリとしてサラリとして、人間もさわやかなタイプである。(ほめすぎかな)今期は不満な成績のようだが、後半も奮起してほしい。

 帰宅して、私は取材があったので、終えてからカラオケに行った。

 夕方からは「伊丹将棋センターの火曜ナイター」に行く。合間に弟子の奨励会の棋譜調べをする。勝敗をわけるものば何か、いつまで経っても手探りである。技術だけでもないが技術がすべてだし、」精神だけでもないが精神がすべてでもあるのだろう‥矛盾したものが勝負の本質かなあ?

将棋の勝敗はジャンケンではないのだが、考えるとジャンケンも難しいのだ。見えない中から何かをつかむこと・・日々向き合うことしかないのだろう。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。