SSブログ

天王寺~一心寺~通天閣~福島 12月22日月曜日 [日記]

天王寺~一心寺~通天閣~福島 12月22日月曜日

IMG_c6168.jpg

 ヨハンをケージに入れて誘い込んだが、慎重でなかなか入らない。

IMG_c6177.jpg

 清荒神駅に向かう。まだきれいな紅葉が残っていた。

IMG_c6178.jpg

 阪急梅田駅場「有馬記念」のポスター一色だ。

IMG_c6183.jpg

 天王寺駅そばのレトロな商店街に行く。

IMG_c6191.jpg

 小さな旅館がある。

IMG_c6197.jpg

 タイムトンネルに入るような風景が現れる。昔の人の声がする。

IMG_c6200.jpg

 現代はきらびやかながら素っ気なく味気ない‥と私は感じることが多い。

IMG_c6206.jpg

 人のいない風景に人が見えて、人のいる風景に人がいない‥

IMG_c6214.jpg

 まるでドラマのロケのようだ?

IMG_c6228.jpg

 ここで初めて写真を撮ってもらう。妻がほぼ毎日母に送るハガキ用だ。

IMG_c6231.jpg

 駄菓子屋さんで「岩おこし」と「奉天」を買ってから、店の写真を撮らせてもらった。

IMG_c6235.jpg

 すでに積み重ねたドラマがある。

IMG_c6255.jpg

 商店街を出て、一心寺に向かう。これは動物園の壁にある絵柄だ。

IMG_c6257.jpg

 ヒッチコックの「鳥」を思わせる

IMG_c6258.jpg

 私は決してハンターでなくて、弱くておいしくない獲物だろうなあ。

IMG_c6263.jpg

 一心寺に着いた。旅の仙人」水津英夫さんが2006年に亡くなってから8年経つ・・納骨の日のことや、水津さんとの思い出は懐かしい。

 水津さんと話していると、世界は狭くて、人は広くて、生きることはエネルギーなのだと、元気になるオーラを持たれていた。

ともすると自分がしおれてしまいそうな世の中だが、どういう状況でもチャレンジ精神で生きていくのだ‥そういう人生の深さを感じるのが水津さんだった。

IMG_c6271.jpg

 裏方三昧、ど根性だ!

IMG_c6282.jpg

 線香の 煙を浴びて 人に会う

IMG_c6289.jpg

 水津さんは第12期のお骨仏のようだ。一心寺は一年中にぎやかでお参りが絶えないのがいいなあと思う。

 IMG_c6296.jpg

IMG_c6308.jpg

 ふと目をやると、インドボダイジュの下で日向ぼっこしている猫がいた。

IMG_c6310.jpg

 冬の色

IMG_c6317.jpg

 これは名言だ‥

IMG_c6327.jpg

 一心寺を出てから新世界に向かう。

IMG_c6338.jpg

 新世界界隈の映画館は、関西本部が阿倍野にあった21歳頃に(塾生)土曜日のオールナイトで朝帰りした。私は優等生だったので?宿直の先生に頼んで外出をさせてもらっていた。当時の唯一の癒しの時間だろうか。

 当時も3本立てで、私は時代劇が特に好きだった。

IMG_c6339.jpg

 よく似合うかな?

IMG_c6342.jpg

 時間があれば是非入りたい大衆演劇

IMG_c6359.jpg

 せっかくなので、串カツを食べに入る。通天閣のそばの店に入った。

IMG_c6363.jpg

 昼間のビールは格別おいしい。

IMG_c6367.jpg

 セルフで撮った。こういう時間が持てるのがうれしい。

IMG_c6377.jpg

 この界隈は特に大阪の風景でもある。

IMG_c6379.jpg

 関西将棋会館の販売課に立ち寄って、「逃れ将棋1」と「逃れ将棋2」にサインをする。書いてすぐに2冊買ってくれた人がいてうれしかった。ありがとうございます。

 「逃れ将棋3」はようやく創作に取りかかり、ほぼ毎日、日課のように作っている。春に発売予定です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。