So-net無料ブログ作成

聖の青春取材 個人指導 11、18火曜日 [日記]

聖の青春取材 個人指導 11、18火曜日

IMG_c4348.jpg

 クロがいなくなって、金太郎がときどき「クロ!」と呼ぶので、わかっているのかなと思う。

IMG_c4355.jpg

 午後は「聖の青春」の取材で大阪に出た。初めに「市山ハイツ跡」から大淀中学校に向かう。ここは内弟子の村山聖、山崎隆之の通った中学だ。ふたりとも学校から呼び出しを食らう?劣等生だったが・・存在感はたっぷりだった。

IMG_c4358.jpg

 ふと猫に出会う。猫のいる街には必ずいい人がいる‥

IMG_c4360.jpg

 これは「大淀ハイツ」である。

IMG_c4365.jpg

 浦江公園に鳩がいた。ここから前田アパートにいくときは、たいてい何かが起きたときだった・・

 他にはレンタルビデオを借りる道すがらだったので、自転車でもよく通った。村山君の部屋の電気はついていたり消えていたりだったが、無意識に見ていた気もする。

IMG_c4368.jpg

 前田アパートの下で三谷工業の人がいて挨拶する。ちょうど部屋を開けて風を通していたようで「ご無沙汰してましたね。部屋に入りますか}」「はいお願いします」で入れることになった。

 私が思っていたのと違う空間のような気がしたが、当時はマンガ本で埋まっていたからなあ‥

IMG_c4403.jpg

 引っ越した時に本箱から出すのを手伝った記憶がある。

 しばらく部屋の写真を撮らせてもらいながら、昔のことを思い出していた。

 私が来るとき寝込んでいたことが多いのだが、なかなか部屋の中から返事がなくて「村山君、元気か!」シーン「返事がなくてもはいるぞ」シーン・・沈黙の時間があってガチャと扉があく。

「何かいるのか?」「はい、コンビニでお寿司とお水をお願いします」パジャマ姿で無精ヒゲを生やした村山聖は冬眠から起き出した動物のように、のっそり動いた。

IMG_c4428.jpg

 いつも上っていた階段の方のドアを開けてもらった。この急な階段をゆったりまったり上っていた。

IMG_c4434.jpg

 「朝にこの壁にもたれて突っ立ていてね。事情を訊くと将棋会館まで歩いていけなくて困っているようなので、車で連れて行ってあげました。戻ったのでどうだったと聞くと、谷川さんに負けましたと返事してました」

 「今も村山さんの住んでいた前田アパートを訪ねてくる人もいますよ」

 三谷工業の人にお礼を言って前田アパートを後にした。

IMG_c4437.jpg

 公園から三谷工業さんと前田アパートが見える。

IMG_c4443.jpg

ライラックマンションを通ってシンフォニーホールに出た。

IMG_c4444.jpg

IMG_c4446.jpg

 猫がいた。

IMG_c4453.jpg

 鳩もいた。

IMG_c4456.jpg

過去に戻れるとしたら、どうしただろう‥私自身はあまり変わりない気もする。

IMG_c4463.jpg

関西将棋会館の裏の「雀庭」は今は空き家のようだ。

IMG_c4466.jpg

更級食堂は時間がなくて入らなかった。

何度かこういう風に福島,大淀界隈の散策をしてきたが、記憶が薄らいで物覚えもわるくなってきて、昔を懐かしむ年齢になると、もういちど遠くの目線でみつめなおしてみたい心情もあるようだ。

IMG_c4470.jpg

 大阪駅の列車のデザイン・・世の中もうすこしゆったりした空間がほしいなあと思ったりしたが、たわごとでもある。(せかせかした自分が言うのもなんだが)

 今は優れたものや元気なものが中心の世の中なのだろうなあ‥置いてきぼりを食っている実感の方が大切な気もしたりする。答えの出せない歯がゆさの日々の中で、今日はそういう一日だった.

村山聖のゆっくりした歩幅を思い出してきた・・少し見習おうかなあ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0