SSブログ

日曜コース、皐月賞 4月20日 [日記]

  ☆日曜コース、皐月賞 4月20日

IMG_c3414.jpg

 この日は午前中(日曜コースA)だった。上位陣に欠席が多くて、子どもなりに世代交代?の波が来ているようでもある。

 私はいつも級位陣の下の方の子どもに指導しているが、今日はじっくり特徴を観察した。①序盤は攻め方を覚えていないとまず勝てない(我流はすぐに頭を打つ)②攻めっ気の強い方が勝ちやすい(逆に受けがヘタな子が多い)③終盤の寄せになるとめっきり棋力が落ちる(詰将棋をいっぱい解くしかない)

 将棋は勝ち味のおいしさを知ることが上達に欠かせないが、勝負にばかりこだわると伸びしろを摘んでしまう傾向もある。じっくり根を育てるのがいい‥

 午後からは「日曜コースB」だった。こちらも少人数だったので、西田三段に任せて、私は二階で休むことにした。どことなく脳が疲れていて、仕事もはかどらない‥一時間ばかり寝ると少し和らいだ?

IMG_c3415.jpg

 教室が終わってテレビで皐月賞を観戦する。

 ゴール前は大混戦だったが②イスラボニータ(蛯名騎手)が切れ味よく勝った。二着の⑰トゥザワールド(川田騎手)も安定した実力、三着の⑱ウインフルブルーム(柴田騎手)だった。

 ②⇒⑰⇒⑱だった。私の予想は三連複②⇔①⑯⑱⇔①⑰⑱でゲットした。三連単なら無念の結果でいつもはそのパターンである。エコ資金でやっているので、せちがらい馬券だが?案外こんなほうがいいことが多いのは皮肉である。

 どうも現場に行くと(競馬場)負けてしまい、ネットで買うと勝つのが多いのは、何か理由があるのかもしれない。いずれにしろ、何でも「自分の勝ちパターンの追及」が最近のテーマである。「負けパターンの反省」ばかりでもしょうがないからなあ‥


チャンピオン戦、特訓、奨励会例会 4、19土曜日 [日記]

チャンピオン戦、特訓、奨励会例会 4、19土曜日

IMG_c3390.jpg

 午前中は「第4回チャンピオン戦」だった。今日は6名参加で少なかったが、これから増えそうだ。

IMG_c3396.jpg

 香落ちの大乱戦のようだ。チャンピオン戦は5局指しで持ち時間は10分切れ30秒で、有段者同士だと5分切れ30秒である。

IMGc_3397.jpg

 上手もうまく指している。わたしと変わりない指しっぷりである?明らかにチャンピオン戦で鍛えられた結果のようだ。

IMGc_3399.jpg

 これはまたまた危なっかしい局面だ。普段の対局だとさりげなく指してしまいそうだが、勝負にこだわる戦いでは、瞬時に大きなミスだけはしなくなる傾向にあるように思う。

 午後からは「土曜特訓コース」だった。5名参加でIさんに手伝ってもらう。特訓コースは3面指しで平手2局、駒落ちは指し込みでやる。持ち時間は15分切れ30秒が原則で、変更する場合もある。徹底して実戦で鍛える場である。

 この日は奨励会の例会でもあった(三段リーグはなし)佐和田悠馬1級が初段に昇級した。佐和田君は子ども伊丹コースに通っていて、終盤がめっきり強くて四枚落ちで上手逆転負けも多かった。底力があってセンスのいい将棋で期待も大きいのだが、おっとりした性格のせいか?足踏みも長いので気をもんでいた‥

 痛めつけられて道が切り開けなくて、踏ん詰まりになってさあどうする?それが奨励会員のスタートかもしれない‥

 全体の成績はまずまずだが、こういうときは次回にたいていガックリさせられる。師匠に似て精神面が甘い。勝負根性がもうひとつのタイプが多いのだ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。