SSブログ

9,8土曜コース、桑原しんいちリサイタル 9,9日曜コース、懇談 [日記]

 土曜日の日記 9月8日

土曜コース 桑原しんいちリサイタル

IMG_c5092.jpg

 土曜日は午前中、土曜コースだった。この日は私は途中で抜けて、堺に行く。

IMG_c5093.jpg

この日は普段と変わらない出席だったが、指導が上田1級、手合いが阪上二段で、私が全体を見て回った。(にらみを利かせて?)そのせいか?普段よりも静かに将棋に集中できていたようだ‥

IMG_c5095.jpg

指導の上田1級

IMG_c5096.jpg

 子ども教室の途中だが、堺に出かける。電車の中から見る光景。

IMG_c5102.jpg

 大阪から新今宮に出て、南海電車に乗り換える。そこから北野田まで行って降りる。会場は堺市立東文化会館で、近くの回転寿司に入って昼食を済ませた。

  ☆桑原しんいちフォルクローレ演奏活動25周年 ギター弾き語り リサイタル

IMG_c5104.jpg

 会場の中に前田尋さんの切り絵も展示されてあった。

IMG_c5105.jpg

 この日は堺に在住の詰将棋作家の谷口さんもお誘いする。

 第1部はフォルクローレの曲を11曲連続の演奏だった。語りが自然な桑原さんにしては大胆なプログラムだった?

 第2部はゲストを交えての演奏で、なじみの曲が多かった。それからいつもの語りの演奏になる。知らない間に惹きこまれていく・・桑原さんの世界である。

IMG_c5119.jpg

 ゲストは「タンゴ・コケータ」関西で人気のタンゴ・バンドのみなさん。花束贈呈。

IMG_c5121.jpg

 アンコールのときに撮らせてもらった。

IMG_c5129.jpg

 終わって記念撮影

IMG_c5135.jpg

 打ち上げは遠慮させてもらって、帰宅する。

IMG_c5141.jpg

 阪急梅田駅には園田競馬ナイターの宣伝がズラリだった。

IMG_c5145.jpg

 桑原さんの歌を聞くと、魂に響く充実感がある。決して明るく勇気のわく歌ではないのだが?心の隅っこに眠っていた哀しさや、けなげな魂、純な感情が目を覚ますのだろうか・・

 

IMG_c5148.jpg

 金太郎がますます可愛くなった?

IMG_c5150.jpg

 しかしいたずらなやんちゃさは変わりないのだった・・

9月9日(日曜日)

 日曜コース 保護者懇談(受験者)

IMG_c5156.jpg

 日曜日の午前中は「日曜コースA」だった。

IMG_c5157.jpg

 土曜と日曜ではメンバーがほとんど入れ替わるのだが、微妙に雰囲気は違うようだ。

IMG_c5160.jpg

 やや攻めあぐみだが、ここから銀を繰り出して攻めの形ができた。駒落ちは攻めの駒組みを作るのが急所の気がする。指導の上手も同じである。ただ負かすのでなくて、攻めの形を作らせて指すのが良い。

IMG_c5165.jpg

 ここから4六歩、同銀、同角、同飛、同玉、4四飛の手順がわかれば攻めが成功するが、おそらく10級くらいでないと発見できないかもしれない。

IMG_c5169.jpg

午後からは「日曜コースB」だった。午前からの居残り組とBコースのメンバーが混ざるのだが、ずっとやっていた「受験者研究会」が休みなので、部屋は割とひっそりしている。

IMG_c5170.jpg

 飛落ちだが、下手はやや手薄い指し方かもしれない。やはり2一桂が働く展開にするのがいい。

IMG_c5174.jpg

 日曜子どもコースが終わってから、「受験保護者懇談」が始まった。この日は2名である。今月いっぱいかけて行う予定だ。

 この日は研修会でもあったので、O君が来て棋譜調べをして帰った。

 

夕食の後で、夜は伊丹のサイゼリヤに行く。9月に入って、ようやく体調が戻って、仕事モードになりつつある。それでも家でゴロリと寝転ぶのが増えている。

 無理をしないで自然に暮らしていく・・そういうつもりだが、なかなかそうもいかない。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。